サイトを制作する際は、ローカルにテスト環境をつくることも多いと思います。

ただ実は、ローカル環境のWordPressサイトではメールの送受信テストは行えません。通常はメールの送受信に必要なSMTPサーバーの構築が必要だからです。

【ランサー専用システムキャリアセット】H12.5~H22.11 CS#A 全車共通 セイコウ TUFREQ タフレック VB6+FFA1+TA1

EPSON エプソン IC76シリーズ≪色が選べる10本セット≫ リサイクルインクカートリッジ ICBK76 ICC76 ICM76 ICY76 IC4CL76 ブラック シアン マゼンタ イエロー 地球儀 【送料無料】【ゆうパケット対応不可】[SP]10【30rc】 インクカートリッジ

こちらの記事で紹介しているアプリでローカル環境を作るとメールの送受信のテストもアプリの機能のみで簡単に行えます。

無料ですし、WordPressの基本的な操作方法やサイトをつくる仕組みがわかります。もちろんローカル環境ですのでサーバーやドメインの契約も必要ありません。

ローカルで色々テストできるので、WordPressで自社サイトを作りたい方にもおすすめです。

EPSON エプソン IC76シリーズ≪色が選べる10本セット≫ リサイクルインクカートリッジ ICBK76 ICC76 ICM76 ICY76 IC4CL76 ブラック シアン マゼンタ イエロー 地球儀 【送料無料】【ゆうパケット対応不可】[SP]10【30rc】 インクカートリッジ

Local by Flywheel(以下「Local」)を立ち上げて表示される下記の画面で、テストしたいローカル環境の「TOOLS」を押して「OPEN MAILHOG」を押すだけです。

「Local」は「MailHog」というメールテストツールと連携しているので、こちらを仮想のメールボックスとして簡単にメールの送受信テストを行えます。

何も受信していない状態では上記のように表示されますが、メールを受信すると下記のように表示されます。

ここで受信したメールを開いて、正常にユーザー登録が可能かテストできたり、管理者メールアドレスの変更も可能です。お問い合わせフォームの送受信テストにも使えます。

まとめ

ローカル環境のWordPressでメールの送受信テストを行う方法を解説しました。「【正規品 2年保証】 スーツケース イノベーター フロントオープン 機内持ち込み INV20 innovator TSAロック ダイヤル Sサイズ 1泊~3泊 33L 4輪 ジッパー レディース メンズ ファスナー 国内旅行 修学旅行 トラベル キャリーケース 出張 ビジネス」を使えば、とても簡単に行えますね。

WordPressサイトから正常にメールを受信できるかどうかは重要です。WordPressサイトにユーザー登録した際の挙動確認や、お問い合わせフォームの動作確認時などにぜひご活用ください。

実際にSMTPサーバーを経由して使ってテストしたい方は、下記記事を参考にご覧ください。